トピックス

2020年7月30日、本コースの吉田隆之准教授が、『芸術祭と危機管理―表現の自由を守るマネジメント』を水曜社より刊行します。

「あいちトリエンナーレ2019」の中止事件。電話攻撃(電凸)、脅迫メールで展示が中止され、展示 内容の是非とともに二分された世論の沸騰が注目を集めました。
この8月で開催から1年がたとうとしています。最近では、大村知事のリコール運動がしかけられたり、トリエンナーレという名称を使わないという方針が打ち出されたり、よくも悪くも話題が事欠かない状況です。1年がたとうとするからこそ、冷静かつ、客観的に振り替えられることもあると思います。また、コロナ禍で芸術文化のあり方自体が根本的に問い直されようとしています。
本書は一研究者一個人の視座から、つぶさに展示中止から一部再開に至る経緯をたどり、実行委員会がどう対処したか、行政の検証・検討委員会がなにを判断したか、政治の動き、県・市の見解と対応が極端に別れた経緯、再開にこぎつけた舞台裏、文化庁助成がなぜ取りやめ発表に至りなぜ減額復活したのか? などなど「トリエンナーレ事件」の顛末にまつわる多くの“なぜ”を解明しています。
津田大介(あいちトリエンナーレ2019芸術監督/ジャーナリスト)へのロングインタビューで初めて明らかになる事実も記されています。
行政の文化事業、文化施設関係者にとってリスクマネジメント、ダメージコントロールの必読書です。

チラシのダウンロード

2020年3月に、『公立図書館と都市経営の現在-地域社会の絆・醸成へのチャレンジ(都市経営研究叢書4)』が刊行されました。本コースの永田潤子教授と遠藤尚秀教授の共著・編集です。
近年、運営を民間組織に任せる公民連携が進む公立図書館。産業支援や子育て支援など最近の動向と方向性を紹介しています。

2020年3月に、AIと社会・経済・ビジネスのデザイン(都市経営研究叢書第3巻)』が刊行されました。本コースの小長谷一之教授の共著・編集です。
いまや「第4次産業革命」「ソサエティ5.0」「スマートシティ」の時代といわれ、AIが人間社会のあらゆる側面に巨大な影響を与えつつあります。その重要性のために現在、多くのAI書が出る中で、本書はAIの基礎とビジネス・公共政策への応用を論じるとともに、あえて、これまでよりも、AIの背後にある歴史・原理・特性を再検討し、AIを実際に社会・経済・ビジネスの現場で使うことを考えた場合の課題などを、より深く掘り下げています。

2019年10月3日、吉田隆之准教授が、『芸術祭と地域づくり―“ 祭り” の受容から自発・協働による固有資源化へ』を刊行しました。
全国7つの芸術祭[あいちトリエンナーレ・大地の芸術祭・水と土の芸術祭・いちはらアート×ミックス・奥能登国際芸術祭・リボーンアート・フェスティバル・札幌国際芸術祭]の市民参加型アートプロジェクトを紹介しています。また、「表現の不自由展・その後」の「その後」を緊急加筆しました。

都市経営に関する指導的人材やプロフェッショナル/実務的研究者を養成する新しい大学院として2018(平成30)年4月に開設された都市経営研究科は、新しい時代に求められる教程を想定するとともに、広く都市経営にかかわる諸科学に携わる方々や学ばれる方々に供するため、『都市経営研究叢書』シリーズの刊行を開始しました。
2019年3月25日には、本コースの佐藤道彦教授・佐野修久教授編集の『(都市経営研究叢書第1巻)まちづくりイノベーション-公民連携・パークマネジメント・エリアマネジメント』が刊行されました。
◎第1部 まちづくりの新たな潮流:第1章「公民連携によるまちづくりの流れ」 第2章「新たな公民連携としてのパークマネジメント」
◎第2部 PPPとまちづくり:第3章「PPPの概要」 第4章「PPPの類型・事業形態」 第5章「近年重視されているPPP」 第6章「まちづくりにおけるPPP」
◎第3部 大阪市におけるまちづくりイノベーション:第7章「大阪市の公民連携の系譜」 第8章「大阪市のパークマネジメント」 第9章「うめきたイノベーションエコシステムとエリアマネジメントの構築」

2018年11月17日(土)の日本経済新聞で大阪市の博物館・美術館の独法化の動きが取り上げられ、本コース吉田隆之准教授がコメントしています。

本コース吉田隆之准教授の著書『トリエンナーレはなにをめざすのか:都市型芸術祭の意義と展望』(水曜社刊)が銀座シックスの蔦屋書店で面出しで置かれています。

PAGE TOP